Category男の料理  晩酌の肴

牡蠣飯を食す

釧路管内に厚岸という町があるんですが そこは牡蠣の名産地で結構有名です。
昔からここらで駅弁と言えば厚岸の牡蠣飯。
でも鉄道を利用する機会は殆ど無いし わざわざ弁当買いに行くのも面倒です。
昨日ですが 何となく食べたかったので作ってみました。
おかげで晩御飯が10時近くになってしまった。
牡蠣は厚岸産の大粒のが欲しかったけど高かったので 某県産の小粒で我慢。
FotoSketcher1013001.jpg
最初は味が薄くて不味かったので 調味料を足して炊き直し。
牡蠣もレシピに習って御飯を蒸らす時に乗せたら ベチョっとして不味かったので
炊き直す時に牡蠣を入れっぱなしにしたらプリっとして美味しくなりました。
多少縮んだって不味いより良いよね。
何事もアタマから信用してはいけませんね。 自分で作ってみないと分からないもんです。
だから私はレシピを書かないんですが 具は ニンジン、シメジ、ゴボウと牡蠣です。

昨日の晩御飯

ものすご~く久しぶりに料理シリーズです。 晩酌の肴ではありませんが。
昨日の朝に仕込んでおいた 「イクラの醤油漬け」 それを載せて「イクラ丼」にして食べました。
やっぱりシーズン中に一度は作って食べないと落ち着きません。
味付けは各家庭によりますが 我が家は生醤油だけです。
酒も味醂も使いませんが 素材本来の味を楽しめるし 生臭いと言う事はありません。
漬け込み時間は6時間くらいで良いと思いますが 仕事が有るのでそうはいかず
10時間漬けましたが 少しショッパかったかな。 許容範囲ではありますが。
シンプルな晩御飯でした。
無くなるまでセッセと食べないと皮が硬くなって食感が悪くなります。
でもコレステロールが気になる~
0910020001.jpg