Categoryハンドメイド

トキナー ミラーレンズ用のフードを作る。 その2

前回製作したフードは少し細身すぎて見栄えしないので 新たに作りました。
今回は100円ショップで購入したアルミ製のペン立ての下部を切断して流用します。
筒内には薄いフェルトシートに黒の艶消し塗装をして貼り付け 乱反射防止としました。
レンズ本体のフィルターネジ部分を内外から挟む構造は前回と同じです。
100329007.jpg
嵌め込みリングを入れているところ
フェルトが長いのは折り返して小口隠し兼 リングを固定するためです。
100329008.jpg
更にフェルトを巻きつけて仕上げます。
使ったペン立てはパンチングメタル製で穴だらけなので 遮光の為にも何か貼らなければなりません。
このフェルトの手触りが良くて 塗装するかどうか思案中。
100329009.jpg
とりあえず形は出来ました。 先端に丸みがあって少し丈夫そうに見えます。
100329010.jpg
見栄えを考えたら やっぱり黒い方が良いみたいです。 これじゃ冬物の防寒フードだ。
100329011.jpg
内部の塗装も薄いので 後日追加塗装の予定。 金色の銘板なんか付けるとカッコいいかも。

トキナー ミラーレンズ用のフードを作る。 その1

先日入手したトキナーのミラーレンズですが やっぱりフードがあった方が良いようです。
フロントキャップが無いのでフードを付けておけばレンズ保護にもなるし 一石二鳥か?
で、パパパっと作ってみました。
こんな記事を書いても誰か読んでくれるのかな、と まず考えながら。
材料はホームセンターで何年も前に購入した残り物の P.Pクラフトシートで
アクリサンデーというメーカーの製品です。
厚さ 0.75mm ポリプロピレン 片面はエンボス加工みたいになっているので
内側に向ければ光の乱反射を少しは抑えられるかと思います。
あとはビニールテープ、薄手の強力両面テープ、外側の仕上げに製本テープの黒。 
すべて手元にあった材料です。
余りにもパパパっと作ったので 途中経過の撮影を忘れてしまいました。
まずはレンズ先端のフィルター取り付けネジの部分の 内側にピッタリの輪を1コ作ります。
幅は (差し込む寸法+ビニールテープの幅)が良いでしょう。 
ついでにフード本体になるシートも切っておきます。 寸法は お好みで。
内側のリングの外側にビニールテープを少し引張り気味に巻きつけて レンズ本体の外径と同じにして
更に両面テープを一巻きします。 (テープはスペーサーなので リングの片側に揃えて巻きます。)
それに切っておいた外筒用のシートを巻きつけて一体化しますが 焦点距離が長いので 
形状はストレートにしました。
これは作り方を解説する製作記事ではなく製作した記事なので 説明不足は有りますが
他人と全く同じ物は作らないのがクラフトマンシップです。
もしこの記事を読んで 作ってみよう! と思われた方が居たなら 寸法はオリジナルが宜しいでしょう。
写真左が自作フードの差込部です。 内側リングと外筒でレンズを内外から しっかりホールドします。
100329005.jpg
取り付けたところ。 製本テープを貼って半つや消しに仕上げました。
100329004.jpg
内側に追加で何か工夫しないと乱反射が抑えられないみたいなので 後日改良予定。
欠点は 安っぽい、貧乏くさい。
でも軽いし ぶつけても壊れないのは気が楽です。 純正フードなんて有るのか分からないし。
いつもに無く文章だらけの記事でしたが 次回は違う型のフード製作記の予定。