Categoryインプレッション

中古ミラーレンズを使ってみる その2

前回の続きです。
ミラーレンズ特有のリングボケの程度を見ようと思い 小川の流れを写しました。
1枚目程度なら何の問題も無いようです。 1/750sec.

2枚目はピントをずらして リングボケを大きく出してみました。 
リングの下にトゲが出てるけど何だろう?
100327014.jpg
3枚目は被写体前後のボケ具合  1/1500sec.
100327004.jpg
4枚目は2線ボケと言うんでしょうか、少しうるさい感じ。 1/4000sec.
100327032.jpg
500mmにしては小さくて取り回しが良いので 散歩中の野鳥撮影に重宝しそうです。
1.5mくらいからピントが合うようなので テレマクロとしても使えそう。
でも慣れるまで失敗作が大量に撮れるかな。
2~3枚太陽光の入射で白っぽくなった画像が有りました。
フードを付けた方が良さそうなので 自作します。
次回は自作フードの製作記を書こうと思います。

中古ミラーレンズを使ってみる その1 

前記事で書いたトキナーのミラーレンズを持って歩いてきました。
なんせ 500mm F8 なんて今まで使った経験がありません。
(300mmに2倍テレコンを付けた事はありますが マトモには写りませんでした。)
500mm程度なら使ってる人も沢山いるし、と思っていたら大間違いでした。
オマケに被写界深度がかなり浅いようです。
ピントを合わせている間に鳥さんはどこかへ行ってしまいます。
500mm F8固定なので ISOは1100にセットしてみました。
散歩中なので当然手持ちです。
固定焦点というのは大きく写りすぎると どうしたらいいの? 状態ですね~
3枚とも 1/3000sec  ノートリミング

100327001.jpg
100327002.jpg
100327011.jpg

3枚目なんて 1/3000secでも止まってくれないとは。 前ピンだし。
ピント合わせ、慣れが必要です。

つづく