冬の朝霧

先日の「月夜のような朝」の続編です。

場所によっては岸壁の先の海面がまったく見えないという 濃い霧に覆われていた港でしたが
ほんの少し移動すると視界が開けたりします。

14022710

ノイズっぽかったので低レベルのノイズ除去をかけて ついでに弱くProvia加工をしています。
霧の中って 撮ってそのままだとノッペリして奥行きも何も無い写真になってしまうので 少しくらいは弄らないとただの白い写真だし。

更に移動したら もやい綱をかけるポスト って何ていうのか知りませんが港に付き物のアレです。
片足を乗せて格好つけるやつ。

その上にゴメが留まっていてこっちを見ています。
他に被写体になりそうな物もなかったので 数枚写してやりました。こちらは弱く Velvia加工しています。

14022714

この画像は元画像を1024pxに縮小した時のデータサイズが 285.58KB  それが Caesium というデータ圧縮ソフトを使うと 76.61KB になり ワードプレスのライブラリにアップロードしてから Smush.it という圧縮用のプラグインで更に 4.7KB 削られました。
ということは最終的には 71.91KB になっているという事でしょうか。

元画像の質が悪いので比べてもあまり違いは分かりませんが 画質命! の人ならここまでサイズが小さくなるとどうなんでしょうね。
ワードプレスって ここまで気を使わないとすぐに表示速度というか読み込み速度に影響するなんて かなり使いにくい物なのかもしれません。

2 Comments

  1. ランコニさん

    こんにちは

    霧の写真って 見たままを写しとるの難しいですね
    私は先日 草津の湯畑を夜撮りましたが
    湯けむりの夜景にも その写りにも難儀しました

    2枚目の写真は 大きくしても そんなに気にならないレベルですね
    私も 昔は 画像圧縮ソフトoptpix ってのを 使っていました
    今では Googleのpicasaで容量の心配も要らなくなったので
    神経使うことはなくりました

    今度 会社で WINDOWS8のタブレットを仕事で導入することになりそうです

    これまで 使うことはないだろうと思ってたんですが
    仕事で外で長尺プリントをするのに ネットで送ってそのままインクジェットで印刷するシステムを考えることになって、iosやAndroid では プリンタードライバーがないけれどWINDOWSならそのままwifiで出力できるんですね。
    毛嫌いしていた WINDOWS8ですが 思わぬところで導入のきっかけになりそうです^^

    • ランコニ

      2014年3月3日 at 8:59 PM

      plateauさん おばんです。

      この程度の霧でも JPGで撮って出しは相当キツイですよね。
      釧路は霧の都なので濃霧の時は本当に見えませんよ。

      picasaはいつまで使えるんでしょうね。
      いつだったかgoogleが止めてしまうんじゃないかって話が有りましたが。

      サーバー負荷を考えると外部からリンクするのが良いんですが サーバーや外部へのリクエストの回数が多いと読み込み速度低下の原因になるようなので FC2時代は使ってたんですが 今は使っていません。
      画像編集も picasa より便利なソフトがたくさんありますしね。

      windows8 も安売りするとかタダになるんじゃないかとか 来年 windows9 が出るらしいとか 色々と噂が聞こえてきましたね。

コメントを残す

Your email address will not be published.