古いバイクを弄るのは楽しい

もう過ぎたけど盆休みのある日、レストアの途中で放り出して早10ン年という、ヤマハのGT50という古い原付のオフロードバイクを車庫の片隅から引っ張りだした。
このバイクの最終形の1本サスモデルだが、もはや生き返らせることも出来ないくらいにキャブレターが水垢で固まっていた。
これではキャブクリーナーを吹いてもキャブレターの中の細い通路を綺麗にするのは不可能だろう。
例え復元しても完全にコンペティションモデル張りに改造しているから一般公道も走れないし、この際だから処分してしまうことにした。

さすがに当時全バラでフレームやタンクの錆落としから塗装までやったので今だに綺麗な外観だが、タイヤだけはツルツルボウズのままだ。
これは動かせるようになってから交換しようと思っていたからなのでしょうがない。

当時レストアが一段落したときに近くの山まで車で運び、少しだけ走らせたことが有った。
今思えば、その時すでにキャブが修復不能なくらいにサビと水垢でダメージを受けていて、3分も走れば止まってしまう状態だったからレストアを諦めたのだった。

今度は更に小さなバイクでも探してみようかな。
ヤマハのフォーゲルとか、あるいはホンダのゴリラとか。
当時は10万もしなかったはずのバイクも、現在では程度のあまり良くない物でさえ軽く15万をオーバーしている。
50CCバイクのマトモなオフロードタイプやスポーツモデルはすでに生産されていないし、ン10年前の中古車しか選択肢がないのが辛い。

p18

花がおいでおいでと誘っている。
明日は休みだし天気も良さそうだから、久しぶりに誘われてやろうか。

2 Comments

  1. 40年近くむかし
    ハスラーという50ccのバイクにのっていました

    当時のゲンチャリは90~100km出ましたし
    私が乗り始めた頃はまだノーヘルでもオーケーだったので
    まさに走る凶器でしたが何とか死ぬこともなく
    この年まで生きています

    でも考えてみれば一般道を
    50ccの細いタイヤでかっ飛ばすのは
    命がけですよね
    小さな石ころ一つで転倒しますから

    北海道でオフロードバイク
    楽しそうですね
    私も環境が許せばやりたいですが
    靭帯切ったのもバイクなので今は車だけにしてます^^

    • ranconi

      2013年8月22日 at 9:44 PM

      まともな50CCバイクは20年くらい前までに絶滅してしまったようで、現在ではスクーターばかりのようなのが寂しい限りですよね。
      ハスラー50は1本サスになってからも何回かマイナーチェンジしたようですが、ヤマハやホンダはいちはやく生産中止だったんじゃなかったかな。
      ホンダのMTX50Rはデカくて短足の私は足が届きませんでした。
      私は50CCばかり連続8台新車で買い換えてはツーリングやトライアルのまね事なんかやってました。
      ほぼツーリング+オフロード命でしたよ。 日帰りツーリングで300Kmは普通に走ってました。
      今やると多分死にますね。
      最後はホンダのATC70という3輪バギーでしたがジムニーの狭い荷台にジャストフィットで、休みのたびに山へ行っては随分使い倒したものです。
      石ころで転倒するかどうかはテク次第じゃないかと思いますが、私は最初からヘルメットやブーツ、グローブは必需品でした。
      オフ志向が強かったせいでしょうか。

コメントを残す

Your email address will not be published.