トキナー ミラーレンズ用のフードを作る。 その2

前回製作したフードは少し細身すぎて見栄えしないので 新たに作りました。
今回は100円ショップで購入したアルミ製のペン立ての下部を切断して流用します。
筒内には薄いフェルトシートに黒の艶消し塗装をして貼り付け 乱反射防止としました。
レンズ本体のフィルターネジ部分を内外から挟む構造は前回と同じです。
100329007.jpg
嵌め込みリングを入れているところ
フェルトが長いのは折り返して小口隠し兼 リングを固定するためです。
100329008.jpg
更にフェルトを巻きつけて仕上げます。
使ったペン立てはパンチングメタル製で穴だらけなので 遮光の為にも何か貼らなければなりません。
このフェルトの手触りが良くて 塗装するかどうか思案中。
100329009.jpg
とりあえず形は出来ました。 先端に丸みがあって少し丈夫そうに見えます。
100329010.jpg
見栄えを考えたら やっぱり黒い方が良いみたいです。 これじゃ冬物の防寒フードだ。
100329011.jpg
内部の塗装も薄いので 後日追加塗装の予定。 金色の銘板なんか付けるとカッコいいかも。

5 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS: 59fa34fb4f3bf62eb925e929d0479e26
    いや~ 肩も凝りましたよ。
    サロンパス貼ったらカブレるし。
    ペンタのK-xですね?  あまりモデルテェンジされると困りますよ。
    壊れるまで使うんだから。
    本体は色んな色が有ってもレンズが。

  2. SECRET: 0
    PASS: 59fa34fb4f3bf62eb925e929d0479e26
    作ってください。
    中は白じゃマズイけど 外側は塗装でも製本テープでも良いんじゃないでしょうか。
    ケンコーのはフレアーが多いそうなのでフードは必需品でしょう。

  3. SECRET: 0
    PASS: 59fa34fb4f3bf62eb925e929d0479e26
    フードの長さで写りは変わりません。 フードはレンズじゃないから。
    逆光ぎみで写す時に斜めからレンズに太陽光が入ると白っぽい写真になりますが
    その太陽光を遮るのがフードの役目です。
    だからケラレが生じない程度に長い方が有利な訳ですが ズームレンズだとワイド側は
    ケラレが出る恐れがあって あまり長くできません。
    対策としては 花形フードとか先を広げたメガホンみたいのとかが有ります。
    このレンズみたいな焦点距離がある程度長くて固定だとストレート形状で相当長くても大丈夫だけど 
    そんな必要も無いと思います。

  4. あおまる太郎

    2010年4月3日 at 3:58 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    すごい!!!
    冬なら、これにファーとかつけて楽しんでしまいそうなくらい
    暖かそうなフェルトですね!!
    ほんと上手ですね!黒色に塗装したらきっと手作りには、見えませんよ!!

  5. SECRET: 0
    PASS: 59fa34fb4f3bf62eb925e929d0479e26
    結局は外側の仕上げは製本テープに変更しました。
    フェルトって擦ったら毛羽立つし。
    完成形は次の記事で紹介します。

コメントを残す

Your email address will not be published.