民族楽器

20年以上前の話ですが
南米の民族楽器に’ケーナ’という笛が有ります。
そのケーナの名手として名高い ウニャ・ラモスという人の演奏にゾッコンでした。
そのころアウトドア・カタログ雑誌のBE-PALに イタドリという植物の枯れ茎を使って
ケーナを作る記事が載っていて 真似して3本ほど作った事が有りました。
いつかは「花祭り」を!! って、単なる願望でしたが。
でもイタドリの茎は弱く すぐに壊れてしまい現在は残っていません。
その後 竹で何本か作ったんですが 出来の良い物は誰かに持っていかれ いま残っているのは
使ったのが犬吠崎産の竹だったのか知りませんが 調子の外れた音です。(本当は調整不足)
まだ大事に取ってある ウニャ・ラモスのLPレコード 
今でも時々聞きますが 本当に素晴らしい。
YouTubeで探しても見当たらないのが残念です。 UPされている動画の演奏は比較にならないし。
0911300001.jpg
ケーナの教本と銚子の外れの竹?(しつこい!)を使った 自作のケーナ。 少し太くて不恰好ですが
当地に竹は生えないもので 入手に問題が有ります。
それでも吹き様によっては何とか近い音が出る(事も)。
0911300002.jpg
その頃 俳優の田中健さん(俺たちの旅のオメダ役)がケーナ奏者だと何かの記事で読み 
聞いてみたいと思っていたら釧路に来まして。
でも彼のはフォルクローレじゃなかったんですね。
客席に来て握手して回っていましたが 私の1m前でユーターンしてしまいました。
おい! オメダ! おめーだよ~ とは言えなかったけど心の中で叫んだのは覚えています。

8 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS: 59fa34fb4f3bf62eb925e929d0479e26
    作りが雑なのは製作者の性格が如実に現れています。
    長さや穴の位置はBE-PALに書いてあったので そのまま作りました。
    この教本は2冊目なんですが ずっと後になって購入したもので
    ケーナの作り方も載ってました。
    まだこの本の作り方では作ってませんが(材料が無い) BE-PALとは違ってます。
    私が竹を割ると根性どおりに曲がって割れたりして。

  2. SECRET: 0
    PASS: 157ea029571374593c9f8bd00e3b52c5
    お話の半分以上はよ~く理解・同調できます。南米系音楽は好きで、LPレコード盤も何枚か残っています。久しぶりに聴いてみようかな。
    それにしても、ケーナを自作するほどの熱の入れ方だったんですね。

  3. SECRET: 0
    PASS: 59fa34fb4f3bf62eb925e929d0479e26
    私も音楽的才能は有りません。 キッパリ!!
    作るのは何でも好きなんですよ。

  4. SECRET: 0
    PASS: 59fa34fb4f3bf62eb925e929d0479e26
    当時はケーナの入手法が分からなかったんです。
    特に熱を入れたとかってことは有りませんね。

  5. SECRET: 0
    PASS: 59fa34fb4f3bf62eb925e929d0479e26
    演奏はできません。キッパリ!!
    作るのと演奏できるのは別ですから。
    私の場合 何でも作る事は出来ても活用できない、という矛盾を抱えています。

  6. SECRET: 0
    PASS: a1febf4cdfd9ff78e6f90d76479b9e4f
    たいへん興味深い記事でした。ケーナの素材がイタドリというのも。枯れた茎というのですから特に関係はありませんが、これの根は堕胎にも用いられるとか。またケーナを自作するというのもなかなかの話ですね。竹は種類を問わないのですか。

  7. SECRET: 0
    PASS: 59fa34fb4f3bf62eb925e929d0479e26
    正しくは オオイタドリと言う2m以上にも伸びる物ですが。
    若い茎は食用にもなりますね。
    堕胎の話は知りませんでした。
    竹に限らず寸法さえ合えば何でも笛にはなります。

  8. SECRET: 0
    PASS: 59fa34fb4f3bf62eb925e929d0479e26
    竹輪はおろかニンジン、大根、何でもやってましたね。
    あのくらいのレベルになりたいものです。

コメントを残す

Your email address will not be published.