2009年の歩き初め  今回は長い④

いつまでも こんな退屈なシリーズを続けてはいられないので
今回で終了させましょうか。
やっと目的地の”反射板”に到着
ここへ来るには消滅しかけている登山道が有り
それを歩くと もう下へ降りている時間だ
わずか100mとは言っても一応は山なので 登山道が存在していた
入り口の踏み切りが廃止・閉鎖されて 来る人が減少したのだろう
上ってみても それほど見晴らしが良くないのも
原因の一つかも知れない
ここまで来た人は記念に落書きをしていくのが
昔からの慣わしのようで 30年以上も前の落書きが有る
0901010059-1.jpg
太陽光反射板か?
実は電波の反射板だったけど とっくの昔に使われていないらしい
0901010064-1.jpg
帰りは登山道から帰る予定だったけど また悪い虫が騒ぎ出した
斜面を下りて下の作業道へ抜ける事にした
0901010069-1.jpg
雲の流れが速い
0901010073-1.jpg
少し歩くと作業道が消滅していた
0901010081-1.jpg
やむを得ず また斜面を下りる
何だか道じゃない所を歩いてばかりだ
0901010082-1.jpg
どうしようもなくなって飛び降りた
0901010086-1.jpg
やっと踏み切りまで戻ってきた
反射板が有るのは左の山だけど 中央奥の山を廻ってきたので
かなり遠回りコースを歩いた事になる
0901010094-1.jpg
気温は高めだったけど 湿原からの風は強くて冷たかった
でも気持ちの良い1日でした

1 Comment

  1. SECRET: 0
    PASS: 59fa34fb4f3bf62eb925e929d0479e26
    私は落書きなんてしませんよ~。
    残してくるのは足跡だけです。
    ここで動けなくなったら間違いなく見つからないでしょうね。
    でも細い木が生えてるから下まで転がらないで済みます。
    liuringさんのところの炎の中に牛が居ましたよ。
    右側に立ち上がって。
    縁起がいいですね。
    コメはタイミングが悪かったので少し間を置いてから入れます。 すいませんね・・・・

コメントを残す

Your email address will not be published.