虫嬰(ちゅうえい)を開いて見た

山桜の葉に蛹のような形をした物が沢山付いていた
一体なんだろうと思い葉を1枚採って見たら 虫嬰(ちゅうえい) らしい
0807080062-1.jpg

0807080063-1.jpg

0807080064-1.jpg

裏側から見たところ
0807080065-1.jpg

車の所まで持ち帰り ボンネットの上で開いて見た
0807080068-1.jpg

0807080066-1.jpg

3 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS: 59fa34fb4f3bf62eb925e929d0479e26
    虫嬰って、植物の葉や茎に虫が卵を産みつけて出来る瘤の事です。
    中で孵化した幼虫が植物を餌にして成長するんだと思いますが 良く知りません。
    ハマナスの茎に出来た虫嬰なんて 栗のイガみたいですよ。

  2. あおまる太郎

    2008年7月9日 at 10:25 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんなの初めて見たな~
    最初、何かの幼虫かと思ったけど
    違うんですね~、不思議です^^

  3. SECRET: 0
    PASS: 59fa34fb4f3bf62eb925e929d0479e26
    私も初めて見た時はなんだか分からなくて。
    最初はミズナラの幼木に付いてたんです。
    実のような塊りが付いてました。
    植物の種類によって形や出来る場所が違うから 見付けると面白いです。

コメントを残す

Your email address will not be published.